上淀白鳳の丘展示館

山陰は大山山麓、鳥取県米子市の観光スポット。地元食材を使ったお食事や名水とうふ、掛け流しの天然自家温泉、古代体験と展示などお楽しみください。

あまたを1300年前の世界に誘います

上淀白鳳の丘展示館 展示のご紹介

示室(1)のご案内
 

絵画土器(角田遺跡出土)
頭に羽根飾りをつけたシャーマン、高層建築物などが描かれています。文字のない弥生時代に、異なる絵画により神話の一場面を表したのかもしれません。

盾持人埴輪(角田遺跡出土)

示室(2)のご案内
 

壁画「神将」(上淀廃寺跡出土)
国内最古級の仏教壁画で、仏の守護神「神将」の頭から胸の部分です。神将は鎧で身を固めており、釈迦如来を守る四天王の1人と考えられています。

菩薩「右脚部」(上淀廃寺跡出土)
本尊釈迦如来の脇侍菩薩の一部です。表面は朱で塗彩され、蓮華風の花紋様で飾られています。

示室(3)のご案内
 

復元金堂内部
荘厳な金堂の内部で、本尊釈迦如来像と2体の菩薩立像が安置され、壁には創建期(白鳳期)及び奈良時代の2種類の仏教壁画が再現されています。

復元菩薩立像

復元仏教壁画(創建期)

 
 
 
 

ページトップへ